2017.10.31 UP DATE

【注目イベント】第8回自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式開催!

 月刊誌「Stereo」(音楽之友社)の特別付録を使用し、作品規定に従って製作されたスピーカーを競い合う「第8回月刊ステレオ主催・自作スピーカーコンテスト」が今年も開催される。

 

 今年はMOOKの特別付録より2つのスピーカーユニットが登場し、レギュレーションはそのうちのひとつ、「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録であるパイオニア製6㎝フルレンジOMP-600となっている9月27日の応募締切までに、今回も沢山の応募があり、現在は、募集三部門「匠部門」「一般部門」「シンプルワーク部門」それぞれの第一次審査が進行中とのこと。

 

 そして今年も、来場自由の作品展示&試聴会・授賞式が、12月16日(土)、東京・神楽坂の音楽の友ホールにて行われるので、オーディオファンの方々は、ぜひご参加を!

 


 

 

 

 

作品展示会・授賞式概要

 

日時
12月16日(土)
12時00分~18時00分(予定)

 

場所
音楽之友社 音楽の友ホール

 

 

表彰内容(予定)>
「匠部門」:テクニカルマスター賞
「一般部門」:第1位/第2位/第3位/他
「シンプルワーク部門」:第1位/第2位/第3位

 

タイムスケジュール
未定
※第二次審査参加作品、協賛各社の出展は常時展示いたします

 

作品規定
・2017年7月19日発売のMOOK「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録であるパイオニア製6㎝フルレンジ・スピーカーユニット「OMP-600」のみを使用
・エンクロージュアの高さ・幅・奥行きそれぞれが100㎝以下、総重量30kg以下のもの

 

募集部門
匠部門
対象:2003~08年「本誌主催・自作スピーカーコンテスト」、2010~13年「本誌付録ユニットによる自作スピーカーコンテスト」において受賞歴がある方の作品。および2014~16年「自作スピーカーコンテスト・一般部門」において第1位を受賞した方の作品

 

一般部門
対象:前述の「匠部門」の対象に該当しない方の作品
※前述の2つのコンテスト受賞時に中学生以下だった方の作品も、「一般部門」の対象

 

シンプルワーク部門
応募規定

①本誌主催の自作スピーカーコンテストに初めて応募する方。および過去の本誌主催自作スピーカーコンテストにおいて、書類選考を通過したことがない方の作品

 

②MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」のP2~9内で標準エンクロージュアとして紹介されている、ダウンファイヤ型Bi-Directionalポート採用エンクロージュア「BSP000」のサイズ(88W×195H×148D㎜)から、幅・高さ・奥行きとも+5㎝以内のバスレフ型/密閉型/無志向型 を採用する作品
※使用するユニットは1ペア(2個)まで
※エンクロージュア素材、仕上げ素材は選択自由。箱の形をした既製の生活用品(収納箱やごみ箱等)の利用も可
※MOOK「スピーカー工作の基本&実例集」付録のエンクロージュアキットや、メーカー製エンクロージュアを使用・再利用したスピーカーは不可

 

審査員(敬称略)
石田善之、須藤一郎、小澤隆久、佐藤勇治(ワイエス クラフト)、野原光久(パイオニア株式会社)、岩出和美(月刊ステレオ編集長)

 

協賛
池田工業株式会社、パイオニア株式会社 他

そのほかの みる・きく