2017.9.20 UP DATE

【TOPICS】古典派ピアノ曲の演奏にも指導にも役立つヒントが満載のムックが発売!

 ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典派のピアノ作品が書かれた当時のピアノ(フォルテピアノ)は、現代ピアノとは違ったしくみを持っている。そうした特性を、現代ピアノでの演奏にも反映させるには、どうしたらよいのか。

 

 そうした疑問に答えるべく、フォルテピアノの第一人者である小倉貴久子さんによる、フォルテピアノなどを活用した現代ピアノのレッスン方法がまとめられたムック「フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法」が9月20日に発売される。

 

 レッスン曲は、ハイドン「ピアノ・ソナタHob.ⅩⅥ/37」、モーツァルト「ピアノ・ソナタK.545」「ピアノ・ソナタK.331」、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第8番op.13《悲愴》」。特にポイントとなる部分は、下記の付録DVDの映像でもご覧いただける。また、巻末には、古典派作品に特有の奏法を理解するための「キーワード」もまとめられている。

 

 古典派時代の鍵盤楽器の変遷史や、当時の人気作曲家など、古典派作品の時代背景を知るためのヒントも豊富に盛り込まれており、古典派のピアノ奏法をレッスンに活用したい方におすすめの一冊となっている。

 

 

▼付録DVDの映像の一部

 

 

 

 

 

〔ONTOMO MOOK〕
フォルテピアノから知る 古典派ピアノ曲の奏法
~現代ピアノで「らしく」弾くためのヒント~[DVD付]

ムジカノーヴァ編
音楽之友社
並製・A4変型判・112ページ
定価1944円(本体1800円+税8%)
ISBN978-4-276-96270-5 C9473 \1800E
9月20日発売
★商品詳細、ご購入はこちら

 

 

 

「フォルテピアノを活用したピアノレッスン」で講師を務めた小倉貴久子さん

★公式HPはこちら

 

★公演予定

 

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》
第29回 J.B.アウエルンハンマー
【日時】9月28日(木)19:00開演
【会場】近江楽堂(東京)
【共演】山名敏之(クラヴィーア)
【問】メヌエット・デア・フリューゲル 048-688-4921 mdf-ks@h7.dion.ne.jp

 

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》
第30回記念公演~クラヴィーアコンチェルト~ J.Ch.バッハ

【日時】11月3日(金・祝)13:30開演
【会場】第一生命ホール(東京)
【共演】ピリオド楽器使用室内オーケストラ
【問】メヌエット・デア・フリューゲル 048-688-4921 mdf-ks@h7.dion.ne.jp

 

ベートーヴェン、シューマン、ショパンが愛したピアノたち
~3台のフォルテピアノで聴く贅沢な夜~

【日時】11月22日(水)19:00開演
【会場】北とぴあ さくらホール(東京)
【共演】ルーファス・ミュラー(テノール)
【問】公益財団法人 北区文化振興財団 03-5390-1221

そのほかの みる・きく