2017.8.9 UP DATE

【レポート】渋谷にピアノの風巡る ~「ピアノランドフェスティバル2017」東京公演

 今年で18回目を迎える「ピアノランドフェスティバル」の東京公演が、8月3日(木)渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京都渋谷区)で行われた。 今年は、樹原涼子さんの出身地であり、2016年4月に震災に見舞われた熊本の復興を願うというテーマがあり、会場に入ってまず目に付くのは、スタッフが着ている「くまモン」のワンポイントが可愛らしい真っ赤なTシャツだ。

 

 

 

 

このTシャツとオリジナルの缶バッチも本公演で発売されている

 


 

■「ピアノランドフェスティバル2017 第一部」の様子

 

  第一部は「ピアノランド」の人気曲パレードからはじまり、「ピアノランド」を中心とした大人から子どもまで楽しくピアノの魅力を楽しむことができるプログラムで構成された。

 

ステージがはじまると、「世代をつなぐ『ピアノランド』の人気曲パレード」と題して「どどどど どーなつ」や「ピアノランドマーチ」、「コロコロ コロッケ」などのおなじみの人気曲を、樹原涼子さんと小原孝さんにより楽しい物語風の会話とともに連弾とソロで演奏された。

 

次に、「録音応募プロジェクトで選ばれた子どもたち」として、作曲部門から3名、連弾部門から2名の小学生が舞台に立ち、自作の曲や演奏を披露した。子どもたちは最後に樹原涼子さんから「どうだった?」と聞かれると、堂々としたパフォーマンスとは対照的に「緊張した」「楽しかった」と実に子どもらしい感想が出て、会場を和ませた。

 

毎回子どもたちのお楽しみのコーナーとしてすっかり定着した「『樹原先生』と『小原くん』の爆笑レッスン」では、前回に続き『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』からの練習風景がテーマだったが、今回も「小原くん」が大暴走。ピアノの下から登場したり、ちゃんと弾けるはずなのに変な演奏になってしまったりと「樹原先生」を随分と困らせていたが、最後は美しいスケールを披露した。

 

「ピアニスト体操」では、ピアノを弾くための簡単な腕と指の運動を会場の来場者全員と行い、さらに子どもたちを舞台の上に呼んでみんなで体操をした。

 

第一部の最後は、小原孝さんの独奏によるブルクミュラーを数曲と、フランツ・リストの人気曲「ラ・カンパネラ」を圧巻の演奏で披露。会場を沸かせた。

 


 

■「ピアノランドフェスティバル2017 第二部」の様子

 

  第二部では大人も楽しめる本格的なピアノコンサートとなり、ピアノランド育ちだという樹原孝之介さん(ピアノ)・木原浩太さん(コンテンポラリーダンス)も加わって、さまざまな形のコラボレーションパフォーマンスが行われた。

 

まずは樹原涼子さんの新刊ピアノ曲集『風 巡る』より「小さなお伽話」「巡る」を、小原孝さんのピアノに乗せて、木原浩太さんが即興で幻想的なダンスを披露。ピアノとコンテンポラリーダンスの何とも不思議で、しかしながら心に迫るコラボレーションとなった。

 

次に、樹原孝之介さんの新刊『ふたりで弾こう! ピアノびっくり箱2』から「サニー サイド オブ ストリート」「くるみ割り人形」「山の魔王の宮殿にて」を小原孝さん、樹原孝之介さんの連弾により披露。息の合った師弟連弾となった。

 

樹原涼子さん、樹原孝之介さんの親子による共演では、「やさしいまなざし」「Happy Life」(樹原涼子作曲)と、世代交代がテーマだという「俺の屍を越えてゆけ2」の主題歌「WILL」(樹原孝之介作曲)が披露された。

 

樹“原”涼子さんと小“原”孝さんによる「HARA HARA 倶楽部」のコーナーでは、「星になっって」「虹」を披露。二人のハーモニーが心地よくホールに響いた。

 


 

 

  

 


 

 次の公演は、8月12日(土)「ピアノランドフェスティバル2017 vol.18 熊本特別公演 ~樹原涼子と復興を応援する仲間たち~」と題して、熊本県立劇場 コンサートホールにて行われる。熊本の復興を願う熊本にゆかりのあるアーティストを招き、東京でも披露されたピアノ、歌、コンテンポラリーダンスはもちろん、津軽三味線、笛の音も加わり楽しいコンサートとなることは間違いなさそうだ。

 

「ピアノランドフェスティバル2017 vol.18 熊本特別公演 ~樹原涼子と復興を応援する仲間たち~」

 

・開催日:2017年8月12日(土)
・場所:熊本県立劇場 コンサートホール(熊本県熊本市)
〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江2−7−1
最寄駅 JR豊肥本線「水前寺」駅より徒歩約10分
・開場:13:00/開演:13:30
・出演 
作曲・ピアノ・歌:樹原涼子
ピアノ:小原孝
津軽三味線:本田浩平
バリトン・篠笛:春日保人
振り付け・ダンス:木原浩太
ピアノ:樹原孝之介
ボーカル・フルート:KAJU/栗谷かずよ
 

・大人券、子供券一律1,500円(自由席)
※通常チケット。このほか、被災者用招待券(申込終了)、プレゼントチケットの設定もありますので、詳細はこちらをご参照ください。
 

 


 

なお、9月29日(金)にはカワイ表参道 コンサートサロンパウゼ(東京都渋谷区)にて、今回発売されたピアノ曲集『風 巡る』のレクチャーコンサートが行われる。この曲集に込められた思いや弾き方のポイントなどを、樹原涼子さんより直接聞けるお披露目コンサートとなるので、これはもう見逃せない。詳細はこちらをご参照ください。

そのほかの みる・きく